・ 「全日本写真連盟 西部本部」TOP
支部紹介・(山口県) 宇部新川支部
.
◆宇部新川支部(うべしんかわ)
支部長:永冨賢治 (携帯:090−4656−7237)
指導者:永冨賢治
例会日:毎月、第2金曜日、19時〜
場所:宇部市新川ふれあいセンター (0836−21−2258)
    (宇部市朝日町8番20号) 地図 ,

永冨賢治支部長
◆宇部新川支部は写真を通して楽しく競い合いながら会員の親睦を深めています。
 毎月の例会では、持ち寄った作品を皆で感想を述べてレベルアップを図っています。
 恒例の新年の支部撮影会では、美人モデルの登場で参加者も多く盛り上がっています。作品は西部本部に審査を依頼しています。
 支部会員の中には宇部市芸術祭写真展の宇部市長賞の受賞者も多くいて、会員それぞれが独自の視点で作品作りを楽しみながらより上を目指しています。

◆支部では会員を募集しています。写真に興味のある方、初心者の方もご連絡ください。
 あなたもご一緒に写真を楽しんでみませんか。
 
◆支部の主な年間行事計画
 1月:池坊と共催で新春合同展(宇部市文化会館)、4月:総会(新川ふれあいセンター)、4月「春の撮影会」、5月:写真供養(宗隣寺)、8月:宇部市芸術祭写真展応募、9月:山口県支部対抗写真コンテスト応募、11月:秋の撮影旅行(九州方面)など
◆月例会
 持ち寄った作品を皆で感想を述べてレベルアップを図っています。
◆支部総会
 年度活動報告、会計報告、会計監査報告、年間成績の発表と表彰を行います。 
◆2017年1月14〜15日、宇部井筒屋で恒例の新春合同展を開催しました。
 写真と生け花の合同展で、昭和45年から始まり今年で48回目になります。
 例年皇居歌会始めの勅題をテーマにしており、今年のテーマは「野」。生け花と合わせて36人が作品を展示しました。
 写真は11人の支部会員が全紙サイズで40点を出品。1年がかりで撮影した作品は、生け花と見事に調和し、来場者は熱心に鑑賞していた。
 写真と生け花のコラボは全国でも珍しく、これからも長く続けていきます。 (宇部新川支部長 永冨賢治)
◆支部写真展を毎年「新春合同展」(宇部市教委後援)として、池坊新華道教師会のいけばな展と合同で写真展を開催し多くの皆さんのご来場をいただいています。
 写真展は「自由作品」と「テーマ作品」を展示しています。
 「テーマ作品」は毎年皇居で行われる歌会始のお題を課題にして作品を作っています。

  2016年は1月23日と24日に宇部井筒屋4階イベントスペースで新春合同展を開催しました。会員12人がテーマ作品と自由作品を合わせ全紙サイズで43点を展示しました。
◆宇部新川支部では毎年6月1日の写真の日に因んで、写真供養を行っています。
 不要になった写真やご近所の方の処分に困っている写真、コンテストで落選した写真等を、宇部市小串の宗隣寺に持参して本堂で般若心経を全員が読経した後、焼却場で思いのこもった写真を丁寧に火の中へ入れて燃やしました。

 会員にとって、この写真供養は気持ちの引き締まる行事です。次は良い作品が出来るよう奮起してこれからも写真供養を長く続けていきます。
(支部長 永冨賢治)
◆宇部新川支部は会員のレベルアップと親睦を図る意味で、毎年撮影会を行っています。

 山陽小野田市の江汐公園で開催した支部撮影会では、八重桜やミツバツツジをバックにしたモデルさんを盛んにシャッターを切っていました。当日の作品を対象にした写真コンテストも開催しています。
 
写真・文字・図形情報には全て著作権があります。
著作権者の承諾なしに、無断で他の電子メディアや印刷物に転載したりすることはできません。